前のページ 次にページ

その他のコード

トライアド、7th以外のコードです。おもにコードとコードをスムーズに繋ぐために使われます。例はC major scaleです。

6th(シックス)

6thトライアドコードに長6度を加えたものです。



sus4(サスフォー)、sus2(サスツー)

sus4,sus2第二音が宙吊り(suspended)のコード。不安定な響きです。



dim7(ディミニッシュセブン)、aug(オーギュメント)

オクターブを均等に4つにくぎったコードをdim7。3つにくぎったコードをaugといいます。どちらもあいまいな響きです。オクターブを均等にくぎっているので、ルートが違うだけで構成音が同じで違う名前のコード(異名同和音)がいくつかあり、転調に使われることもあります。dim7は「○」で、augは「+」とも表記されます。

dim、aug

コードの音を聞く


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

分数コード

分数コードアッパー・ストラクチュア・トライアド(UST)とも呼ばれ、このように書かれている場合、2つのコードを合わせて演奏します。
テンションコードの別の書き方として考えることもでき、図の場合はDm7(9、11)と同じ構成です。


ボイシング

ボイシング和音の中の音の順番、高さをいれかえること。


add(アド)

add7thの音をとばして、9thの音だけを使いたい時はaddで表わされます。


on(オン)コード

コードのルート以外をベース音に使う場合に使います。カッコ内がオクターブ下のベース音になります。


ペダルポイント

ペダルポイントコードが変わっても同じベース音を続けることをペダルポイント(オルガンポイント、保続低音)と呼びます。


ルートがCのコード一覧、テンションコード

前のページ 次にページ

♪