前のページ 次のページ

コード進行

よく使われるコード進行です。例はC major scaleです。

カデンツ

コードグループコードは、トニック→サブドミナント→ドミナント→トニックの流れに進もうとする性格があります。この流れを「カデンツ」といいます。
カデンツの例


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


5度進行

5度進行曲の中で、5度下や5度上への進行はたいへんよくでてきます。5度下への進行を「ドミナント進行(強進行)」。5度上への進行を「サブドミナント進行(弱進行)」と呼びます。


ダイアトニックの7つのコードだけ5度進行を行なった例です。スケール音の所だけを使うので下図のようになります。

ドミナント進行

しかし、上の図のように5度進行を行うと際限なく音が高く(低く)なってしまいます。実際には次のように上、下、5度、4度の繰り返しになります。

ドミナント進行

ドミナント進行下5度=上4度なので、下行5度、上行4度の繰り返しになります。C major scaleではルートはド-ファ-シ-ミ-ラ-レ-ソ-ドです。


サブドミナント進行

サブドミナント進行上行5度、下行4度の繰り返しになります。C major scaleではルートはド-ソ-レ-ラ-ミ-シ-ファ-ドです。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

前のページ 次のページ

♪