前のページ 次のページ

5度のサークル

5度のサークルとは12の半音を隣が完全5度の関係になるように並べ替えたものです。

音程の中で一番重要なのは完全5度(振動数1.5倍)の関係です。5度のサークルは調号やコード進行を理解するためにも重要なサークルです。

5度のサークル

主音、属音、下属音

属音、下属音基準になる音を「主音」。5度上の音を「属音(ドミナント)」、5度下の音を「下属音(サブドミナント)」と呼びます。5度のサークルの右隣は属音、左隣は下属音です。


5度のサークルと調号

図は5度のサークルの順番にメジャースケール、マイナースケールを表したものです。5度のサークルの頂上「C」から右まわりに、「5度」上がるごとに「♯」の調号が1つずつ増え、逆に左まわりだと「♭」の調号が1つずつ増えていきます(別図)。
楽譜の調号が「♯」2つだとします。5度のサークルを覚えていれば、右回りに2つめだから「キーはD」だとわかります。

5度のサークルとスケール

B♭ major scaleをA♯から始めてみると…

ありえないスケール右図のようになり、たいへんわかりにくくなってしまいます。
つまり、長調のC♯、D♯、G♯、A♯major scaleは存在しません。また、短調のA♯、D♭、G♭、A♭minor scaleも存在しません。


平行調、同主調、属調、下属調

これらは近親調と呼ばれ、転調にも頻繁に使われます。

近親調

近親調のダイアトニック・コード一覧

前のページ 次のページ

♪